講義関連のページ(2017年度)

以下、書きかけ。

2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度 2011年度 2010年度 2009年度 2008年度 2007年度 2006年度



    物理学(春学期金3)
    ※項目は授業の回数とは対応していません
  1. はじめに:単位の話
  2. 落ちる
  3. 浮かぶ
  4. 電流
  5. エネルギー
  6. 身の回りの放射線
  7. 原爆と原発
  8. 水、雪、雲
  9. 科学的に考えるためのレッスンその1 血液型と性格
  10. 科学的に考えるためのレッスンその2 マイナスイオンと健康
  11. 科学的に考えるためのレッスンその3 「水からの伝言」とEM菌
  12. 総まとめ
    総合講座Ⅰ「環境と社会」(春学期木1)
    順番は前後することがあります(オムニバス)
    4月13日 オリテンテーション 
    4月20日 地球大気の成り立ち 
    4月27日 太陽放射・オゾン層・温室効果 
    5月11日 大気の構造 
    5月18日 地球温暖化とは何か 
    5月25日 温暖化防止に向けて 
    6月 1日 地球温暖化と生物 
    6日 8日 地球環境における環境汚染物質とその分析 
    6月15日 放射線・放射性物質・放射能 
    6月22日 放射線の測定・身のまわりの放射線 
    6月29日 原子爆弾と核兵器 
    7月 6日 原子力発電 
    7月13日 放射線の人体への影響 
    7月20日 宇宙環境問題について 
    7月27日 持続可能な社会へ向けて 
    物理学概論Ⅰ(秋学期金3)
    力学、波動、熱
    教科書:『基礎物理学』第4版、原康夫(学術図書出版社)
  1. はじめに
  2. 力学の基本
  3. 力と運動
  4. 回転運動と剛体(2回程度)
  5. 波動(2回程度)
  6. 熱(2回程度)
    物理学概論Ⅱ(春学期金1)
    電磁気学、原子
    教科書:『基礎物理学』第4版、原康夫(学術図書出版社)
  1. 電荷と電場
  2. 電流と磁場
  3. 振動する電磁場
  4. 相対性理論(時間があれば)
  5. 原子物理学
  6. 原子核と素粒子
    物理学A(秋学期木4)
    波動、熱力学
    物理学B(秋学期金2)
    科学史的な観点から、現代物理学の基礎である量子論と相対論がどのように 発展してきたのかについて学ぶ
    前半:相対論の基礎(主に特殊相対論)
    後半:量子論の基礎
    教科教育法「理科」Ⅳ(春学期木4)
  1. 理科学習指導要領の変遷
  2. 模擬授業
  3. 理科に関する発表
  4. 疑似科学と理科
    教育課題演習(秋学期水1)



戻る
since 24 April 2003